2011/11/26 (Sat) Y HOUSE/ DOUBLE COURT 引き渡し

昨日、Y HOUSEが引き渡しとなりました。

建物概要:

Q値(3種換気):1.33W/K (1.13W/K(3種熱交換とした場合))
換気:パッシブ換気
木造2階建て(施工:丸協建設 担当 小杉氏・棟梁 水島氏)
外壁:塗り壁(施工:アスペック)
一般室内:床~ナラ無垢フローリング
壁~ルナファーザーEP
天井~ルナファーザーEP
断熱:基礎~FP(3種) 100mm打ち込み
壁~吹き込みGW  105mm+FP(3種)100mm
屋根~吹き込みGW 400mm
サッシ~木製(ノルド) トリプルlow-e(アルゴン)
製作キッチン(クリナップ 担当 石川氏)

工事に係わった関係者さんをはじめ、クライアントさんも笑顔です。
写真撮影は春の外構工事を終えてからになります。
とりあえずブログにて私がとった写真を何枚か

20111125 Y HOUSE外観1

中庭と将来ご両親が建築する予定の庭に挟まれた居間は北海道らしからぬガラスで透け見通せるようになっています。
北海道の自然を私の場合は積極的に室内に持ち込みたいので大きな開口になっています。
一方、これは熱的な環境を考えた場合はリスクにもなりますので、サッシの性能を上げたり、断熱は通常より多く施したりとバランスを考えています。
性能、デザインのどちらか一辺倒の建物というよりは,どちらも程よいバランスで北海道の良い環境と調和されたものを目指しています。

20111126 Y HOUSE 玄関ホール2

北海道の風景はもちろんですが、光も影も建物の大事な要素です。

20111125 Y HOUSE 和室2

20111125 Y HOUSE 居間

20111125 Y HOUSEキッチン

クライアントをはじめ工事に係わった皆様のご協力もあり、今回も工事が無事終えることができ感謝!

Y HOUSE | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/24 (Thu) 現場

HONEST HOUSE
の現場もいよいよ仕上げ工事に入ってきました。
サッシも入り、付加断熱が施工されると玄関ドアが入っていないにも関わらず
温かい

21110124 HONEST HOUSE外観

21001124 HONEST HOUSE 中庭

リビングの床は写真でもおわかりかもしれませんが、ツウバイ材です。
通常は構造材として用いられますが、天井の構造兼意匠を兼ねたツウバイの材料とセットで今回は室内の仕上げ材として用いています。
材料の厚さは38mmもありますからフローリングとしては十分です、しかし、少々柔らかい材料ですし、幅も厚みもあるため狂いもでます。その辺はクライアントさんももちろん了承済みです(というよりクライアントの希望)。
私もツウバイ材のフローリングは反るし、痩せるし そんな木らしいクセがすきなのです。
このごろのフローリングといえば、いかにクレームが出ないように、と考え上記のような木の本来の特性がなくなるよう加工されています。当たり前のことが当たり前になるとクレームになることで、違うものになっている?とふと思う時があるのです。
ですから、こんな素朴なフローリングがはられると、ほっとしてしまうのです。

20111124 HONEST HOUSE 軒

20111124 HONEST HOUSE 気密
上の2枚は気密工事の写真です、外部側は防風シートから湿気が入らないようテープで垂木部分を処理しています。
室内側ですが外側の付加断熱(FP板(3種)100mm)が終わり、これから柱の間にさらに断熱材を施工する前の状態です、施工前には配線を行い、コンセントやスイッチ部分から湿気が内部に入らないよう気密ボックスを施工します。

現場も丁寧な施工がされいよいよHONEST HOUSEもおおづめです!


HONEST HOUSE | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/24 (Thu) オープンハウス 旭川のY邸

オープンハウス

旭川Y邸

遠方の方などからのご見学ありがとうございました。

ご興味のある方は次回のオープンハウスにお申込みください。

OPEN-HOUSE | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/15 (Tue) Q&A

よくある質問を少し噛み砕いて

よく無料で○○をしますという営業トークがあるが
経営をしていて無料で人を動かすことは会社としては大きな負担となる。
だから、無料で何かをした分は当然ながら通常であれば回収しなければならなく
その時の無料分は何かしらにのることとなる。

例えば、CM等は視聴者にとって無料で当然ながら見ることはできるが、CMを作るに当たり
膨大な費用がかかっているのだかる、当然その費用は購入者にまんべんなくのることとなる。

何を言いたいかですが、
何かそこに介在する出来事(物事)があるということは会社的には何かしらの経費が
かかることになる。
ですから、そう簡単に無料で○○します、こちらで○○を負担しますはあまりありえないのでは???

あなたも無料で会ったばかりの人に無料で何かを、または、負担を自ら行いますか?

キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/02 (Wed) 内覧会のお知らせ

内覧会のお知らせです。
11月23日 旭川のY邸の内覧会を予定しております。
Y邸20111020
Y-HOUSE20111102外観

建物概要:

Q値(3種換気):1.33W/K (1.13W/K(3種熱交換とした場合))
換気:パッシブ換気
木造2階建て(施工:丸協建設 担当 小杉氏・棟梁 水島氏)
外壁:塗り壁(施工:アスペック)
一般室内:床~ナラ無垢フローリング
壁~ルナファーザーEP
天井~ルナファーザーEP
断熱:基礎~FP(3種) 100mm打ち込み
壁~吹き込みGW  105mm+FP(3種)100mm
屋根~吹き込みGW 400mm
サッシ~木製(ノルド) トリプルlow-e(アルゴン)
製作キッチン(クリナップ 担当 石川氏)

今回は、クライアントの希望によりささやかに行いたいと思います。
見学希望の方は弊社にて設計を検討している方(すでに設計等している方はもちろん可です)のみの限定とさせていただきます。

見学希望の方は「内覧会希望」と記入して、下記にメールをお願い致します。
oosugi_02@ybb.ne.jp
後ほど詳細を返信させていただきます。

※12月頃にも札幌近郊にてOPEN-HOUSEを予定しておりますのでこちらも日程等が決まりましたら
ブログ等でご連絡させていただきます。

OPEN-HOUSE | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード