2011/12/15 (Thu) HONEST HOUSE 追い込み

さて、いよいよHONEST HOUSEは大詰めとなってまいりました。
12/2の時点での気密工事
壁面はもちろんですが,サッシ部のコナー部分もしっかりと
壁内に湿気が入らないようテープで処理をします。

20111202HONEST窓周り気密

配線の立ち上げ部分もしっかりとウレタンを入れ処理します。
20111202HONEST配線気密

軸組み間はグラスウールを隙間なく充填しコンセント等の気密部分を
破る場所には気密ボックスで軸間内に湿気が入らないよう処理を行います。
20111202HONEST気密ボックス

12/9
各部分の処理が終わると防湿フィルムで壁をふさぎテープで処理し気密を確保します
20111209HONEST寝室気密処理

12/14
気密処理が終わり下地の石膏ボードを貼り始めました。
20111214HONEST2F窓周り下地

大工さんが作る本棚
本棚の小口のシマシマが階段の踏み板のシマシマと合うように設計していますから、
なかなか現場に合わせた家具工事とはいかず、棟梁自らが本棚も作ります。
大工さんも腕の見せ所です。
20111214HONEST本棚

外部の足場も取れました。除雪後、仮囲いをしいよいよ外構工事です。
20111215HONEST外構工事

現場の大工さんの台
なんだかデザインされております(笑)
思わず。。。「かっこいいデザインですね~と」言ってしまいました。
大工さん、照れくさそうに笑っておりました。
20111209HONEST大工台








HONEST HOUSE | trackback(0) | comment(0) |


2011/12/09 (Fri) 上棟

さて色々な現場が着々と進んでおります。
H-HOUSEですが
海を見渡せるロケーションと、のどかな風景にマッチした建物となっています。

20111208H-HOUSE 上棟

既存の建物の屋根勾配とあわせたりしながら、風景が少しでも調和するようにと考えています。


下の写真は足場に登って登り梁を写した写真です。
登り梁どおしが棟で合わさる(←北海道弁ですね)ので、後々開かないよう鉄で引っ張りをかけます。
これも室内に出ながらアクセントの一部になってゆきます。

20111208H-HOUSE調弦梁

用いているナットですが、通常はダブルで付けることで緩まないようにしますが、ナット1つで緩まない特殊なナットを用いているそうです。
20111208H-HOUSEボルト
建築もどんどん進化しています。



ICON | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード