2012/07/30 (Mon) 気ままな写真

スカイスポーツ


Y-1


Y-2


Y-3


C-1


Y-4


Y-5


Y-6


Y-6


Y-6


T-1


Y-7


キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/27 (Fri) なかなか涼しい

現在進行中の現場です。

本日31度ということもあり暑い暑いと言いながら
現場へ入ると、おっ?!
涼しいではありませんか。

当初から狙っていた効果あり現場が涼しいのです。

今回狙った効果ですが、
1:裏山の木の葉っぱから水分が気化することで、気化熱で冷たい空気が山を落ちてくるのではないか?
2:夏の日射を徹底的に入れないような窓配置
3:敷地の傾斜を利用することで、建物の1階部分に一部コンクリートの躯体が現れ、
それを蓄熱体とすることで室内温度を安定させる
(前回のブログの一番下の写真のコンクリート部分を大きな蓄熱体と考えています)
4:既存の樹木(落葉樹)を利用し大きな窓面を日陰にする。

今回は冬型の対策はもちろんですが、夏型の対策も
敷地に馴染む様に工夫しながら、
敷地のメリットをどう最大限に引き上げるかを重視しています。
良い感じです!

現場も大工さんが6人となり一気に進んでいます。

I-9

イヌエンジュの家 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/24 (Tue) ここまできている

いよいよ着工へ向け準備着々の
sequence(クライアントからタイトルについて好評でしたので決定とします)です。

サッシの性能がようやく出ました
今回はサッシの性能試験のデーターがなく計算から性能を求めてもらっています。
いまや、建物はもちろんですがサッシも計算により性能が出せるようになり
数字を確認しながら色々と確認できるようになりつつあります。
I-サッシ

さて、数字をどう使うかですが
設計で攻めつつどう断熱的な防御を行うかが私には重要な部分となります。

単純に建物の性能(Q値)を数字的に上げることを目的とするならば
四角い家で、窓は少なく、室内の体積は小さく、断熱材を沢山いれれば数値は大きくなります。
ですが、せっかく人生の多くを空間(建物)で過ごすのですから
性能一辺倒それでは人生の楽しみが減るようで・・・。
かといって、せっかく色々な技術が確立しつつあるので
これは用いなければ自分が化石化してしまいます。
今の時代、設計もコンピューターで行い、現場もそのデーターを用いています。
手書きの図面も懐かしく、良いものですが、さすがに時代に合わない。
建築技術も同様にPCと数字をうまく用いながら良いものが作れれば良いにこしたことはありません。

2008年のリーマンショックの時期に原油高騰となりました。
その時期にATELIER O2の設計は賛同していただけるクライアントの物件の断熱性能を
一気に引き上げることとなりました。
(私の車が4WDで少々燃費も悪く・・・でもデザインは良い・・・と現場帰りの車の中で
ふと、私の設計する住宅はできる限り両立したものを作っていきたいと思い現在に至ります)
当初は、性能を上げることで建設費が上がる心配をしていましたが、
性能を上げることで、暖房設備費用が減る効果も出ることがわかりました。
ここ1年は原発の問題もあり更なる性能の引き上げを実践しながらの模索作業です。
しかし、性能を維持しつつ、建物の空間を豊かにすることは場合によって相反する部分もあります。
ですから、この辺はバランスを見ながら両者をほどほどで落ち着かせることが設計者の
判断になる気がします。
I-断熱計算

今年は昨年にも増して性能を上げつつ豊かな空間ができないか、実践中です。

sequence | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/22 (Sun) 建て方

さてさて、現場も急ピッチで進んでおります。
建物のタイトルはもう少しお待ちを。。。

現在着工しているこの物件の流れを少々説明したいと思います。

約2年前から敷地探しを始まました。
当初は、現在住んでいる近辺で探しておりましたが、生活する場所は
利便性よりも緑に接して年を重ねて生活することを夢見てこの場所を選びました。
敷地探しも建物同様にどのようにその場所で年月を重ねていくかの重要なファクターとなりますね。
ようやく、理想に近い敷地条件と価格から購入を決断し、気づけば1年以上経過。
このような夢見た敷地にどのように設計で回答を出すか、
これまた嬉しくもあり、プレッシャー(笑)でもあるのです。
今回は敷地にいろいろな材料が用意されたので、それらをどう繋ぎ組み立てるかが課題でした。
(私の回答は完成後、ゆっくり発表させていただきます。)

さて、そろそろ現場状況といきましょう。
I-1
敷地は写真からお分かりのとおり
緑に恵まれた環境で、道路から敷地奥へかけて
段差があるため、奥へいくにしたがい
上がっていくような、敷地なりの立体構成を建物でも考えました。


I-2
少々土圧がかかる基礎のため配筋はダブルにして補強します。


I-3
敷地なりの立体構成のため少々基礎が複雑になっています。
思わず私も手伝いたくなりますが。。。。一歩離れたところで見守ります。
(写真はベース部分のコンクリートを打設しているところです)


I-4
ベースが打ち終わり今度は基礎の立ち上がり部分です。
今回も、床下を室内環境と考えて空気を循環させようと考えているので
基礎にも断熱を施します。


I-5
これが空気の取り入れ口です。
外気をいったん土の中を通すことで土と寒い外気が熱交換を行い、
若干温まって室内に入ることとなる予定です。
(今後はデーターをとってどの程度熱交換が行われるか見てみたいと思います)


I-6
コンクリートも硬化し型枠を外し敷地周辺もランマー等の機械で突き固めます。
今回は基礎は外断熱なので、断熱材が外周に現れますが、最終的にはモルタル等で
仕上げるため断熱材は見えなくなります。


I-7
コンクリートの一部は板の型枠を用いて板目をコンクリートに転写させます。
今回は、お金が少々きついのでウヅクリとはしないで試してみました。
思ったより良い打ちあがりとなり安堵の気持ちです
(コンクリートは一発仕上げなのでいつもハラハラします)


I-8
いよいよ建て方。
ボリュームの確認です、コンクリートと同様に
良い高さ加減か大きさか等、設計者であれば心が弾む瞬間です。
今のところ、
高すぎず、低すぎず。
明るすぎず、暗すぎず
で良い感じとなっています。


イヌエンジュの家 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/20 (Fri) 見積もり調整などなど

いよいよ着工間近の大詰め作業
(仮称)sequence←いきなりタイトルを発表します(きっとこのタイトルで行くと思いますが、まだ確定ではありません(優柔不断ですみません))
こここれっうち?とお思いのK様、あなたのお家のタイトルでございます(笑)
いつもながら、急に家のタイトルの発表です(お許しを)

さて、もうすぐ着工間際までこぎつけました、見積もり調整は頭をポリポリさせながらの作業となります。
あともう少しで着工です、K様頑張りましょう!

現在はサッシの性能を計算で求めていただいているので少々手間取っております。
確認申請もすでにおり、Q値はサッシの計算結果待ちとなっておりますが、おおよそQ値=0.97W/㎡Kくらいになりそうです。

すでに着工しているもう一軒も
急ピッチで進んでおります。
20120720イヌエンジュ

そして、少し前になりますが
ICONの雑誌撮影のため久々の伊達へ
かなり天気がいい感じ=だったためどんな仕上がりになるか楽しみです。
ICON撮影風景

そしてHONESTHOUSEにも用事がありちょこっとお邪魔を
(郵便でーすと ちょこっと悪ふざけをしましたら・・・奥様スッピンでした(笑) 
すみません・・・ププッツ)
ご主人の日曜大工の品々!
これからご主人作成のウッドデッキ工事です。
HONESTHOUSE車庫



こんな感じで、あちらこちらを飛び回っております。




sequence | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

URL→http://www.geocities.jp/oosugi_02/

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi_02@ybb.ne.jp
URL http://www.geocities.jp/oosugi_02/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード