2016/07/12 (Tue) 現場

いよいよ後半の計画や概算、概算用の図面、パース作成に模型作成・・・・
猫の手も借りたい今日この頃
といいつつ、早朝に仕事を初め、夕食時は家族でなるべく過ごしております。

さて、現場はといいますとこんな巨大な梁(実際は360㎜の梁成ですが、小屋梁を受けるために
パッキン代わりに梁をふかしています)写真左にいる構造設計の山脇さんが小さく見えます。。。
20160705「le pont」2
この梁は短い梁なのですが、現場でジョイントをして一気にクレーンで釣り上げます。
かなり豪快です。
20160705「le pont」4
その後、登り梁をかけていくのですが、、、、この登り梁が数ミリずづ高さが下がってかかっていくという。。。申し訳ありません。

そしてプレカットでもカットできない部分は
チェンソー!(ログハウスではありません)でカットしたりと大工さんの苦悩がうかがえます。
が、チェンソーでよくこんなきれいに切れますね、、、私もマキをチェンソーで切りますが、、、こんなに精度良く切れるとは
やはり職人!さすがです。
20160705「le pont」1
こんな金物が実際には施工されています。
20160701「le pont」1

今週はかなり仕事がタイトで三五工務店さんが送ってくれる「le pont」の現場写真を
いつも横目に見ながら、やばいそろそろ現場に行かなくてはと焦るこの頃。
20160709「le pont」1
おおむね全容が現れはじめました。
20160709「le pont」2
登り梁の高さも数ミリ単位で各々ことなり、バルコニーも同様にすべて出幅が異なります。
プレカットでお世話になった物林さん、大工さん、三五さんには感謝!

お次は
「rassembler」
アンカーセットも終わり、型枠も終了
いよいよコンクリート打設、本日最終のプレカットチェックも終え月末からの建て方となりました!
20160710「rassembler」2
20160710「rassembler」1

最後は
「La colline」
こちらは根掘り工事が始まりいよいよ基礎工事に入ります。
しかし、敷地のレベルがかなり複雑です。造成工事を行いまったいらにすればなんてことありませんが
それをしてしまうと敷地の造成工事で金額がかさむなどあり
比較的敷地のレベルに合わせたフロアー設定としました。
20160710「La colline」1
基礎屋さんもかなり難しい基礎レベル設定に苦戦しています。
私も設計図では表しきれなかった基礎の断面やら詳細をさらに現場の進行に合わせ施工図を作図をする毎日。。。。
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと手帳に記載してはこなした仕事に赤でバツを記す日々
ほんと猫の手が欲しいです (汗”
20160710「La colline」2


キママブログ | trackback(0) |


2016/07/04 (Mon) 現場

いよいよ現場が本格的に動き出しました。
現場監理と夏から~秋着工物件の計画も概算見積もりの図面やその他の作業
出張等でかなりハードな1か月で結果ほぼ休日は無しでした。
(少し早く仕事を終えて、家族とゆっくり食事をしたり多少帳尻合わせはさせていただきましたが)
さて、いよいよ7月
今年もいつの間にかに後半戦に突入です。
現場はといいますと
「La colline」は杭工事を終え、基礎工事の段取りなどに取り掛かり中
La colline 20160624杭1
La colline 20160624杭2
今回は敷地形状が複雑で大きな杭打ちの機械も現場に入れなく砕石杭による施工です。

次は「rassembler」
こちらは大きな玉石がゴロゴロと出てくる場所で
オガー(杭工事の際に地盤にドリルのようなもので穴をあける機会)で掘ることがそもそもできなく、
地耐力のある地盤まで掘り下げて、砂利で地盤を固めての工事となりました。
20160621地盤改良
配筋検査も終わり、型枠を施工後にコンクリート打設後にいよいよ建て方工事です。
20160628rassembler型枠

最後は「le pont」
表札も「le pont」という徹底ぶり(クライアントさんからの提案)。
素晴らしい♪
20160624基礎「le pont」
大きな敷地に手前の基礎と斜面奥の場所に小さな基礎が二つ、ポツリ。。。。
お知り合いの方には小屋二つ建てるの?と。。。。んなわけないっ といった返答をクライアントさんもしているようです。笑

が現場が始まり、お友達の方々も意味が理解できてきたのではないでしょうか?
20160701「le pont」建て方1
手前の基礎と奥の基礎を木造の架構でジョイントします。
20160701「le pont」建て方2
右の基礎から中央付近の木造に向け長い手が伸びているのがお分かりでしょうか?
20160701「le pont」建て方3
大型のクレーンで、現場でジョイントをした大きな梁を持ち上げ、各々の部分と接合をします。
かなり豪快な建て方です、この1本の梁を掛けるのに2時間を費やしました。

最後にニセコのきれいな風景をプレゼント、尾根にはわずかながら残雪があり、さわやかな風が吹いていました。
20160701ニセコ

キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード