FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/17 (Tue) 帰郷

先日、少しお休みをいただき帰郷をしてきました。
おそらく3年ぶり?
今までは羽田から電車を乗り継ぎでしたが、今回はあちらこちらを短期間で楽しまなければならない
過密スケジュールでしたのでレンタカーでアッチコッチに寄りながらの帰郷でした。
私も46歳となりましたので、当然ながら親もすでに高齢となりこの調子で帰郷だとあと何回会えるのか?と。。。
せめて家族を合わせに帰郷するくらいの親孝行をしたいと反省。

そんなわけで
羽田から念願の筑波のJAXAへ
20180417JAXA
あらかじめ「宇宙兄弟」を3巻まで購入してその後見に行く徹底ぶり。
案内の方の説明に子供も目をキラキラしながら真剣なまなざし。

その後、後ろ髪をひかれつついよいよ帰郷
親も年は老いたものの、元気そうな姿に少しホットしました。
また、兄弟、そして姪甥などと楽しい1日を過ごし
家族っていいなぁ~と 幸せな時間を過ごしました。
来年また会おうと約束をしながらお次は
世界産業遺産の富岡製紙へ!の前に
群馬には「上毛かるた」というものが存在し、かるたで群馬の歴史などが読まれています。
上毛かるたは昭和22年に作られたそうですので、その歴史も70年ほど
文房具屋で上毛かるたを買いつつ、、、遠く昔の記憶をたどると

「に」の札で
「日本で最初の富岡製糸」
上毛かるた
記憶の引き出しから出るではありませんか(笑

2018富岡製糸1
いよいよ富岡製糸、群馬で高校まで過ごしたわけですが、群馬の端の出身の私は羽根のあたりに行くという機会はそうそう無く
今回初めての訪問。
2018富岡製糸3

※群馬人は地元を鶴のどこの辺りかという表現をしばしばするのですが、私の出身は目のあたり(笑
というのもこれも上毛かるたの影響なのでしょうけれど
「つ」の札
「つる舞う形の群馬県」という読み札なわけで必然と鶴のどこのあたりという表現になってしまうわけです。
上毛かるた2

その後、姉に教えてもらったコンニャクパークとやらへ
上毛かるた3
しつこく上毛かるたで説明しますが
「ね」の札
「ねぎとこんにゃく下仁田名産」ということで
こんにゃくでラーメンやらなんやらと作ってしまったコンニャクパークでしたが、、、こちらは不完全燃焼。

その後さらに
「え」の札
「縁起だるま少林山」へ
こちらはお寺ですので撮影はできませんので記載のみですが
達磨寺である少林山には群馬出身の大物政治家達の大きな祈願達磨達がありました。
家族も各々、まい達磨を購入して祈願。

その後東京へ行き
東京では本場のもんじゃを家族と食べつつ
お約束のスカイツリーに登ったりと楽しい数日を過ごしました。
2018スカイツリー

それにしても高いっ さらに街が永遠と広がるような眺めの東京
2018スカイツリー2

こちらは札幌のJRタワーからの景色、自然が近いですね~
2018JRタワー

そんなわけで3年ぶりの帰郷で少し早めの桜と春を楽しんできました。

スポンサーサイト

キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


2018/04/13 (Fri) 納まりなど

着々と進む南幌の現場です。
断熱材の保護シートのシルバーが以外にカッコイイと思うこの途中段階。
20180330insideout1
熱伝導率0.018W/(m・K)の断熱材を100㎜用いることで入り組んだ建物の温熱環境を整えます。

壁コーナー部の納まりの打ち合わせです。
業者さんも現地に来ていただき現物サンプルを用いた確認で非常に打ち合わせがスムーズです。
アクトさんの協力業者さんの体制にも関心です、やはり長年の信頼関係築き上げたのでしょうね。
20180330insideout3

20180330insideout4

屋根に設る太陽熱収集設備部分もあれやこれや、図面をおこし
施工現場の確認です。
20180407InsideOut3

屋外デッキ空間の吹き抜け空間
この建物の特徴ですが、屋外空間と室内外の吹き抜け空間を織り交ぜることによって
豊かな空間を目指しています。
とかく閉鎖的と言われる寒冷地の建物ですが、メーカーの様々な温熱環境を整える部材が多くラインナップされ
それらをいかに用いて、今までなかなかできなかった空間ができ始めるようになってきています。
20180407InsideOut1

室内下地仕上げ工事もこれから始まっていきます。
今回はモデルハウスで価格も抑えなければいけませんので
高性能なものと安価な既製品や仕上げ材ではないものを仕上げ材として用いるなど工夫をしながら試行錯誤の現場となります。
20180407InsideOut5
今までのATELIER O2の仕様とは少しかけ離れた部分もありますが
今回はアクトさんとの化学変化でどのような建物になるか、、、自分でも少しおっかなびっくりで進んでいます。

Inside-Out | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。