2009/04/17 (Fri) パッシブ換気暖房

現在、札幌市南区のちょっと変わった敷地(道路よりも敷地が低いため、トンネルのようなブリッジを渡って2階の玄関に入って行きます)で設計中の(仮タイトル)NHですが、パッシブ換気暖房による設計を進めています。

パッシブ換気暖房では1階の床下空間が暖房空間となり、1階床下から取り入れた外気を、床下の暖房空間で温め床のスリットから暖気を上げたり、間仕切り壁を暖気の上昇ダクトとすることで2階にも暖気を持ち上げます。

同時に、汚れた暖かな空気は天井の上部から自然排気する、自然の力を利用する方式です。

家全体に空気の対流をどう作り出すか、1階床下の暖房器の設置位置や間仕切位置、床下開口の位置が非常に重要です。

1階の床下にのみ暖房を配置し2階も効率的に温めるので暖房機に無駄なスペースをとられる心配はありませんが、暖気と冷気をどのように効率的に対流させるか。同時に、しっかりとした気密化と断熱設計は必修です。

設計はもちろんですが、監理をするときもこの空気の循環を現場にしっかり理解してもらう必要があります。

難しいだけあって、なかなか設計をしていて楽しいです!!


色々と断熱設計をすることで無駄な暖房設備のコスト削減をしてローコスト化をしています(もちろん忘れられがちなランニングコストの削減も色々なシュミレーションをしながら検討していますよ)。

現場監理が楽しみです!!!

NH模型

INEVITABLE | trackback(0) | comment(0) |


<<MCMF | TOP |

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://atelier02.blog72.fc2.com/tb.php/11-93f852d6

| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード