2012/01/25 (Wed) 年末~現在

相変わらず、バタバタとあっちこっちへ行き来する毎日です。
たまには、現場以外のブログを・・・。

大学時代の親友である大塚くん
もちろん彼も建築家で独立を期に地元 岩手へ戻りがんばっている
彼が仕事で北海道へ
(彼のホームページですhttp://www.geocities.jp/ohtsukayoh/index.html)
彼と札幌の定番スープカレーを(一文字かカリー店:白石区本通17丁目南2-4)
ビターな大人味でお気に入りのお店です。
一文字


夜は彼とONEST HOUSEさんのお土産の貴腐ワインをいただきました。
トカイワイン
ちなみにこのトカイワイン(都会のワインではありませんよ=)はといいますと
ウィキペディアより抜粋:トカイワインまたはトカイ(ハンガリー語:Tokaji)は、ハンガリーのトカイ(Tokaj)と周辺の地方からなるトカイ・ワイン地区(ハンガリー語:Tokaj-Hegyalja Borvid醇Pk)で作られるワインである。またトカイワイン地区の北端はスロヴァキアの国境と接しており、スロヴァキア側で作られた貴腐ワインもTokajiと表記することがEUの採決により許されている(同時にそれ以外の国や地方の貴腐ワインをTokajiあるいはそれに類する表記で販売することは禁止された)。

そのワインはトカイ地方独特の気候が産み出す。二つの川が合流するトカイ地方は、秋から冬にかけての朝、濃い霧が発生する。この霧は丘の上に昇っていき、やがてブドウ畑全体を包み込む。そして霧による湿気によって、貴腐菌というカビに侵された白ブドウが作り出される。貴腐菌は水分を外に出し、糖分を濃縮させることで、とても甘いブドウになる。貴腐ワインが生まれたのは、17世紀にトカイはオスマン帝国の侵略を受け、住民たちはこの地から避難せざるを得なくなった。しかし村を離れている間に、ブドウ本来の収穫期を過ぎてしまい、霧によって収穫されずに残っていた実にカビがつき、腐り始めていた。諦めきれずそのブドウでワインを作ったところ、濃厚で甘い蜜のようなワインになったことが始まりである。


ん~甘くておいしいワインでした~。
HONESTさんご馳走様でした♪


続いては伊達で建設中の敷地より
H-HOUSE 冬の風景
なんともいえないご馳走です。
白い雪とふ~っといつもながらこのきれいな景色を見ると気が和みます。
敷地にはこんな足跡も
動物の足跡
なんの足跡でしょうか???

クライアントさんからいただいた
繭のくず湯
群馬出身ながら初めていただきました。
また、シルク成分の入ったクリーム
RE SILK:http://www.resilk.jp/guide.html)です、とても香りが良く、敏感肌の妻と子供には愛称ぴったり
妻:「今度からこれにしよ~と!」
RESILK

そしてなんとも芸術的なチョコ!
こちらも美味い!というより美味しいと上品に表現したほうがよさそうです
SAISON DE SETUKOのコンセプトがそのままチョコに表現されています。
「深い~♪」
チョコ

今度は北海道小樽で前々から訪れたかった
飴屋六兵衛本舗:大正7年創業の老舗です
平日しかOPENしておらず、平日に行くチャンスがありこれは寄らないわけには行かない!
飴屋六兵衛本舗
お店で出迎えてもらった店主と思われる方が、なんとも気さくな方で色々な飴を味見させてくれました。
ぜひ、こちらも昔ながらの懐かしいにおいがなんともいえませんよ~

まだまだ行きますよ~
先日OPEN HOUSEに来ていただいた方が、その後購入しようと思っている敷地を見てほしいとのことで、見させていただきました。
ブログを見ていただいているようで、パンを作るんですね~とパンの粉とオヤツインをいただきました。
早速、子供たちと
オヤツイン!です
オヤツイン

オヤツイン2

あちらこちらから手が・・・・
俺の楽しみを~取るな~!
オヤツイン3

なんか色んな形が・・・
オヤツイン4

オヤツインうまっつ!
オヤツイン5

キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


<<現場 | TOP | オープンハウス HONEST HOUSE>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://atelier02.blog72.fc2.com/tb.php/154-2bc714fc

| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード