2012/07/22 (Sun) 建て方

さてさて、現場も急ピッチで進んでおります。
建物のタイトルはもう少しお待ちを。。。

現在着工しているこの物件の流れを少々説明したいと思います。

約2年前から敷地探しを始まました。
当初は、現在住んでいる近辺で探しておりましたが、生活する場所は
利便性よりも緑に接して年を重ねて生活することを夢見てこの場所を選びました。
敷地探しも建物同様にどのようにその場所で年月を重ねていくかの重要なファクターとなりますね。
ようやく、理想に近い敷地条件と価格から購入を決断し、気づけば1年以上経過。
このような夢見た敷地にどのように設計で回答を出すか、
これまた嬉しくもあり、プレッシャー(笑)でもあるのです。
今回は敷地にいろいろな材料が用意されたので、それらをどう繋ぎ組み立てるかが課題でした。
(私の回答は完成後、ゆっくり発表させていただきます。)

さて、そろそろ現場状況といきましょう。
I-1
敷地は写真からお分かりのとおり
緑に恵まれた環境で、道路から敷地奥へかけて
段差があるため、奥へいくにしたがい
上がっていくような、敷地なりの立体構成を建物でも考えました。


I-2
少々土圧がかかる基礎のため配筋はダブルにして補強します。


I-3
敷地なりの立体構成のため少々基礎が複雑になっています。
思わず私も手伝いたくなりますが。。。。一歩離れたところで見守ります。
(写真はベース部分のコンクリートを打設しているところです)


I-4
ベースが打ち終わり今度は基礎の立ち上がり部分です。
今回も、床下を室内環境と考えて空気を循環させようと考えているので
基礎にも断熱を施します。


I-5
これが空気の取り入れ口です。
外気をいったん土の中を通すことで土と寒い外気が熱交換を行い、
若干温まって室内に入ることとなる予定です。
(今後はデーターをとってどの程度熱交換が行われるか見てみたいと思います)


I-6
コンクリートも硬化し型枠を外し敷地周辺もランマー等の機械で突き固めます。
今回は基礎は外断熱なので、断熱材が外周に現れますが、最終的にはモルタル等で
仕上げるため断熱材は見えなくなります。


I-7
コンクリートの一部は板の型枠を用いて板目をコンクリートに転写させます。
今回は、お金が少々きついのでウヅクリとはしないで試してみました。
思ったより良い打ちあがりとなり安堵の気持ちです
(コンクリートは一発仕上げなのでいつもハラハラします)


I-8
いよいよ建て方。
ボリュームの確認です、コンクリートと同様に
良い高さ加減か大きさか等、設計者であれば心が弾む瞬間です。
今のところ、
高すぎず、低すぎず。
明るすぎず、暗すぎず
で良い感じとなっています。


イヌエンジュの家 | trackback(0) | comment(0) |


<<ここまできている | TOP | 見積もり調整などなど>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://atelier02.blog72.fc2.com/tb.php/191-3fe7589d

| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード