2013/04/15 (Mon) 実施図

先日、ようやく実施図が完成し最終の見積もりへ。
実施設計が始まると、さすがに同時進行している計画の進みが鈍くなってしまいます。
クライアントさんごめんなさい。

主な作業ですが
大まかに4工程あり
①基本設計~クライアントの要望を整理し、色々と提案等をしながら建物の構成を練り上げます。
②実施設計~基本設計を基に実際に工事を行うための図面を作成します。
③見積もり調整~実施図面を基に建設会社に見積もりをお願いし、
見積もり内容を検討し施工者の選定の助言を行います。
④工事監理~現場に定期的に出向き、図面と現場との照合や図面では表しきれない詳細等を職人さん等と打ち合わせをします。

実施図面ですが、一般的な木造住宅ですと30~40枚程度作図を行います。
以前ですと、手作業で作図を行っていましたが
現在はすっかりパソコンでCAD/キャドを用いての作図が主流となりました。
20130415O-HOUSE実施図

パソコンでの作業ですが、クライアントさんによっては
なんとなくすぐ出来上がるのでは?と思われますが。
ほぼ以前と同じで、一本一本線をキャド上に作図していきます。
もちろん多少はコピーなどもできますから楽にはなっていますが、作図にかかる日数は
作図のみしていても2週間程度かかってしまいます
(朝から晩までみっちり作業を行っても・・・)
出来上がってしまうと、紙に書かれた線でしかありませんが、私たち設計者にとっては
一本の線にいろいろな意味が示されており単純な一本線では実はありません。
分かりづらいかもしれませんが下の図面がパソコンに映し出されている画面です。
20130415図面3

手書きの図面からCADに変わったことで、CAD上では原寸のような図面を作成しており
図面の精度も手書きに比べ上がっています。
精度も上がることで、ごまかしがむしろきかず1㎜単位であれやこれやと悩むこともしばしば。
上のパソコンの画面左下の赤丸部分をを拡大していく下記のようにとどんどん大きく示されていきますから
現場では設計者のCADデーターを見ながら納まりを確認したりと作業もより高度化しています。
20130415図面4

コンピューターも進化しているので
計画段階でCGを作成しクライアントとイメージを共有する作業も飛躍的に向上していいます。
計画段階でのパースが下
ICONキッチンパース1
実際に建物が建つと下記の写真
ICONキッチン写真
かなり計画の時のCGと実際の出来が近いと思いませんか?

便利になる一方で設計する場合の作業量がかなり増えているのが現状です。。。

現場の職人さんも、図面の単純な線の中に隠れた意味を読み解きながら作っていくので
これまた大変な作業なのです。

キママブログ | trackback(0) | comment(0) |


<<イベントのお知らせです | TOP | 地鎮祭>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://atelier02.blog72.fc2.com/tb.php/237-a11d9ed6

| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード