2016/11/28 (Mon) サーモカメラでの竣工写真

引き続き、本日2回目のブログですが
竣工写真と共に今回の目的のもう一つのサーモカメラで冬の室内の状態を確認

20161127たかはし眼科サーモ1


20161127たかはし眼科サーモ2

20161127たかはし眼科サーモ3
壁面温度は21.2℃~22.6℃

20161127たかはし眼科サーモ4
スラブと地中梁の少々熱橋が出来やすい部分でも20.7℃

20161127たかはし眼科サーモ5
ハイサイドも21℃なので室内の壁面は比較的均一の温度状態になっています。

この建物は鉄筋コンクリートなのですが、医院建築でもありますし内部結露(壁の中が結露をする状態)を避けるのは当然です。
鉄筋コンクリートの建物の場合、躯体(鉄筋コンクリート)の室内側で断熱を行う内断熱で設計をすると
断熱材と鉄筋コンクリートの接点で露点になるため結露を起こします。
結露を起こすということは、その部位付近で水分が多くなり、いずれカビが壁のなかから発生するというリスクが出ます。
当然ながら医院建築ではありあないと考えています。
先生には金額的な負担はありましたが、私としては医院建築で内断熱で設計をすることはあり得ませんし、
熱環境を考えてもメリットがありますからやはり長期的な視野で物事を考えると外断熱がベストと考えています。

当然ながら予算ありきですが、予算が先行し目的がクリニックを単に作るということになってはいけません。
患者が通い病気を治すための建物ですから建物の環境も整えなくては意味がないと考えています。

先生は最後までこれらを理解して、外断熱で設計をさせていただけたのでこのような安定をした温熱環境を維持できています。
理解あるこのような先生が診察をしてくれるのですからやはり患者さんも多いですよね!

旭川たかはし眼科 | trackback(0) | comment(0) |


<<引き続きサーモカメラ | TOP | 訪問>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://atelier02.blog72.fc2.com/tb.php/403-3014258e

| TOP |

プロフィール

02

Author:02
ATELIER O2
オオスギ の かなりキママナブログです

趣味:アウトドア【カヌー・キャンプ・スキー】・旅行・写真・子供と遊ぶ・仕事・お酒を飲む・このごろメタボ解消にはじめた水泳・妻に教わりながらのパン作り(時間のあるとき)

ATELIER O2
札幌市手稲区富丘5条3丁目 1-26
TEL 011-676-7357
e-mail oosugi@atelier-02.com
URL atelier-02.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード